キャッシングを利用して新しい未来に挑戦しましょう!

3月 23rd, 2015

キャッシングといえばコマーシャルが印象的です。一時期は各消費者金融がそれぞれに工夫を凝らしたコマーシャルを作成していました。以前は消費者金融といえばお金に困った人が利用するものであり、一度利用すると高額な利息を請求されたり暴力的な取立てにあったりして最後は夜逃げをしたりマグロ漁船に乗せられて強制労働を強いられたりするというイメージがありました。しかしそんなイメージを払拭するために消費者金融は様々なユニークなコマーシャルを作成したため、その成果もありキャッシングは私たちの生活に役立つ身近なものだというイメージが広がりました。現在ではキャッシングは昔を知らない若い人を中心に広く利用されるようになったのです。

私が先日見たキャッシングのコマーシャルでは、元気の良い女性が明るい笑顔で出演して演じていました。新しいことに挑戦したり海外に出かけたりしている姿を見ると、私たちの生活の頼もしい味方がキャッシングなのだなと感じました。私もキャッシングを利用して人生を頑張ってみようかなという気分になりました。その他には私の好きなアイドルが出演していたコマーシャルも印象に残っています。見ている私はキャッシングをしてアイドルのコンサートに行ってみたい気分になるのです。また以前放映されていた宇宙人が登場するコマーシャルも印象的でした。顔が銀色の宇宙人が登場して「地球寄ってく?」としゃべるものです。見ていると未来的な気分になりますし、宇宙人からの「キャッシングを利用して新しい未来に挑戦してください」というメッセージを感じることができました。

キャッシングにはインターネットを利用すれば24時間いつでも申し込むことができます。即日キャッシングのサービスも有りさらに便利です。コマーシャルを見てキャッシングを利用してみたくなったらすぐに申し込んでみましょう。手軽で簡単に新しい人生を頑張ったり新しい未来に挑戦したりすることができます。ただし使いすぎには注意してくれぐれも計画的に利用することを心がけてください。

カードローンには誰でも気軽に申し込むことができます!

3月 4th, 2015

カードローンの契約を住宅ローンを申し込む際に同時に申し込みました。住宅ローンの返済が滞りそうになった場合には自動的にカードローンの口座から返済が行われるのです。手続きや審査も簡単でこんなに手軽に借りることができるのかと驚きました。金利についてはやや高めだと思いましたが、もしもの場合に備えるためのカードローンだから実際には使うことはないだろうと思いあまり気にしませんでした。

実際にしばらくの間は住宅ローンを順調に返済していましたので、カードローンについては契約していることすら忘れていたのです。しかしある月になって臨時の引き落としがあることを忘れていたため、住宅ローンの引き落としの前に残高不足となってしまいました。しかしカードローンの契約がしてありましたので問題なく住宅ローンの引き落としができたのです。口座の残高が不足してしまったのは「ついうっかり」が原因だったのですが、もしもカードローンの契約をしていなかったらローン滞納になってしまうところでした。カードローンの契約をしておいて本当に良かったと思いました。

テレビなどでは消費者金融のキャッシングのコマーシャルなどがよく流れていますが、やはり簡単に申し込みや契約ができるようです。即日キャッシングは非常に便利です。カードローンは誰でも簡単に申し込むことができるとても便利なサービスです。使いすぎに気をつけて返済できる範囲で活用すればとても役に立つ素晴らしいものだと思います。

カードローン利用者の最低限の義務とは

1月 12th, 2015

カードローン利用者の最低限の義務とは何でしょうか? これは2つあります。1つはローンをとにかく完済することです。そしてもう1つは、毎月の最低返済額を期限までにきちんと返済し続けることです。

特に毎月の支払いについては、日々の仕事に忙殺され、ついうっかりということがありがちなのですが、これは相当なハンディーを背負うことになりますから注意してください。

カードローンに限らず、金融サービスというものは、会社と客との信頼関係の上に成り立っているものです。会社としては契約のけじめを守らなければ、商売が成り立ちませんから、契約違反には厳しく対処せざるをえないのです。

最終的な返済不能はもちろん、客の信用をとことん壊します。その記録は「信用情報」として半永久的に残ると覚悟してください。もちろん、自己破産などした方がもう一度カードローンを利用できることもありますが、その条件は相当厳しくなっていると思います。

毎月の支払い義務違反もダメです。もちろん、とにかく返済さえすれば多少の割り増し金利程度で済むでしょうが、会社の印象は悪くなります。そうなると、貸し出し上限額拡大を申請しても通らないなど、様々な不利益がありえますので、ちょっとしたこと、と甘く見ないで、カード利用者としての義務をきちんと守ってください。

代表的な返済方法

12月 15th, 2014

カードローンの返済は、現在かなり便利になってきました。たとえ深夜であろうが、利息やペナルティーが加わる12時ぎりぎり前に返済ということも可能になりました。いくつか代表的な返済方法をご紹介します。

特に便利になったのは、インターネットを使って、365日24時間返済ができるようになったことです。所定のネット銀行に口座があれば、ネットを開けば現在の残金がわかるようになっていて、その場ですぐ返済が可能です。

ですから、カードローン会社を選ぶときも、このネット返済や借り入れサービスをしているかどうかもチェックしましょう。他にメリットが特にないなら、このサービスをしている会社がお勧めです。

次に、昔からの方法ですが、毎月決まった額を提携銀行口座から引き落とししてもらうことです。これだとついうっかり返済を忘れる、ということがありませんから、毎月の最低返済額はこの方法で返済されることをお勧めします。

最後は、臨時にATMから返済する方法です。カードローン会社自身のATMから返済できるのはもちろん、それ以外の提携銀行・金融業のATMから返済できることがほとんどです。

中には自社ATM以外にもATM使用料無料というサービスもありますし、全国津津浦々のコンビニに設置されていることもありますから、便利です。

現在は返済と借り入れに無駄な足を使うことはほとんどなくなりました。

カードローンにおける保証会社

11月 12th, 2014

規約を見てみると、指定された保証会社の保証が受けられる事が出来る方と言う記述があります、
この保証会社とは一体どういったものでしょうか。

ここでの保証会社とは、カードローンを申し込みした人が、支払いが不可能と判断されてた場合に、申込者になりかわりローンを一括返済を行う会社です。

一見すると、ローン返済?っと思うかもしれませんが、これは単に借金の管轄がローン会社から保証会社へ写っただけであって、借金がなくなったというわけではありません。

ですから、ローン会社に返済はしなくても良いですが、保証会社に返済をしていかねばなりません。

支払い場所が単に変わるだけというわけではなく、ローンの金利が上昇するは免れません。ですから、返済への負担はますということになります。

もちろん、カードローンの返済が1度滞ったからといって、保証会社が動くというわけではありません。
まず、保証会社が支払うまでにいくつか段階があります。

まず、電話により返済を促されます。それにも応じない場合、書面にて通知されます。さらに応じなく期日が過ぎると、最終手段として、保証会社による一括返済へとなります。

ですから、ローン会社にとっても、保証会社の存在というものは最終的な手段であるという事です。
申込者にとって、保証会社による一括返済をされたことにより、申込者自身の信頼にも傷をつけることとなり、今後のお金に関わる事で大変な思いをする可能性があります。

それだけ、カードローンから借入れたお金を保証会社が支払うというのは、とても大きな出来事なのです。

今後、再びお金を借りたいと思っても、保証会社に支払わせた実績があるというだけで、審査が厳しくなると言う事もあります。ですから、利用者には必ず計画的に返済が出来るように、お金の借り入れをしていただく必要があります。

返済方法ごとのメリット

11月 8th, 2014

お金を借り入れる際に、お金を借りる金額も重要かもしれませんが、借りる以上は返す義務が発生するため、どのような返済方法が良いかをしっかりと決める事が大切です。

返済方法は、カードローン会社によって多種多様。数多くの返済方法の中からより自分に適した返済方法を選ぶ必要があります。

返済方法を吟味せず借り入れするという事は、後に大きな効果にもつながりかねませんので、しっかりと計画的な返済が可能である方法を選びましょう。

カードローンの返済法保には3つの選択肢があるようです。
一般的な返済方法である、元金均等分割返済。
そして、スライド型返済があります。

また、スライド型返済については、さらに約定返済型とリボルディング返済型に分かれています。

この中で一番返済総額が少ないのは、約定返済です。
ただし、約定返済を行ったとしても、借入れた金額以上のお金を返済する事になります。

返済の際に、利用総額よりも、毎月の返済額を抑えたいと思う方には、スライド型がおすすめですが、返済方法次第では、支払い総額が思ったよりの増えると言う自体にもなりかねません。

月々の返済は楽というメリットと引き換えに、支払いの総額が非常に多くなると言うデメリットも秘めていますので、毎月の返済金額にとらわれるのではなく、支払いの総額も含めて返済方法をしないと、後に後悔するということにもなりかねませんので注意が必要です。

審査は返済を行うための安定した収入があるかどうかを確認するため

10月 10th, 2014

また経費に加えて、カードローン会社にはもう一つ抱えなければいけないリスクがあります。

それは、貸付したお金が回収できなくなるリスクです。

ほとんどの場合、カードローン会社に申し込みを行う人は、会社とは無縁の赤の他人であり、その人の素性や人柄などは知られていません。見ず知らずの人にお金を貸したが最後、行方をくらませてとんずらしてしまう可能性もあります。申込者の勤めている会社が倒産して、返済が現実的に不可能になってしまうこともあります。その場合、カードローン会社にとって貸付したお金は回収できず、そのままそっくり損失になってしまいます。

そういった事態が極力発生しないように、ローン会社は貸付を行う前に必ず審査を行います。申込者の住所や氏名は正しいものであるか、きちんと連絡が取れる手段があるか、ローンをきちんと返済していくだけの安定した収入があるか、こういった項目が貸付の前にきちんと審査され、それにパスした申込者だけがローンカードを持つことができます。

カードローンの返済方法について

10月 1st, 2014

カードローン会社から借りたお金を、返済することを意味します。

当然のことながら、カードローン会社は営利企業であり、申込者に一時的にお金を貸付し、後に利息分を含めた金額を回収することによって利益を得ています。単純にお金が行ったり来たりするだけで、なぜ利息が取られるのか? という疑問があるかもしれませんが、そこにはきちんとカードローン会社という仕組みが成り立っていくためのシステムが存在します。

カードローンの申込者は、まずその申請により審査が行われます。それをパスした方にのみ、ローンカードが発行されます。そしてそのカードを使用し、銀行のATMなどでキャッシュカードでお金を下ろす感覚で、簡単にお金を借りることができ、返済にあたってもATMを利用することができることが大半です。

カードローン利用の流れは以上のようなものですが、ここまででもカードの発行代や、ATMの設置、運営経費、システムの開発代など様々な経費がかかります。それを処理し管理する人件費も必要で、速やかな返済が行われなかった場合などは、さらにその催促の通達などでも経費がかかることになります。もしカードローン会社が貸付した金額をそのまま、利息を上乗せしないで回収していた場合、これらの経費は確実に赤字として計算されることになります。

親戚同士などでお金を貸し借りする場合、こういった経費などはほとんど無いに等しいものですが、カードローン会社の場合は、あくまで不特定多数の申込者を対象としたシステムであるため、そういった経費がどうしても発生してしまいます。

この経費を抱えながら、カードローン会社がが経営を継続していくためには、どこかで利益を発生させなければいけません。それが貸付した金額に上乗せされる利息ということになります。この利息によって、カードローン会社の運営が成り立ち、不特定多数の利用者に貸付を行うことができるビジネスモデルが完成するのです。